キスショット キャノンショット

キスショットとキャノンショットの打ち方

キスショットとキャノンショットの打ち方

ビリヤードの上達には、数多くのショットテクニックのマスターが不可欠です。
例えば、様々なショットの中に、キスショットとキャノンショットがあります。

 

キスショット

 

キスショットとは、テーブル上の他のボールの跳ね返りを利用して、
的球をポケットにインする方法です。

 

ボール同士は、当たることによって、それぞれ
進行方向に対して90度の角度で跳ね返ります。

 

この法則を利用したのがキスショットです。

 

どういうときに有効かというと、的球(イメージボールB)を直接ポケットに入れるのが
難しいと判断した場合、他のボール(イメージボールA)にわざと当てて、
そのボールの跳ね返りを利用して的球をポケットにインするのです。

 

イメージボールAの進行方向から90度の位置にポケットがあれば、
的球はポケットにインすることになります。

 

 

キャノンショット

 

次にキャノンショットですが、キャノンショットも、キスショットと同様に
ボール同士の跳ね返りを利用しています。

 

二つの違いは、キスショットは的球と他のボールとの跳ね返りを利用しており、
キャノンショットは手球と的球の跳ね返りを利用しているという点です。

 

キャノンショットは、手球を的玉に当ててから
別の球に当ててポケットにインさせるショット。

 

キスショットと同じように、手球は的球の進行方向に対して
90度の角度で跳ね返りますから、跳ね返った方向に別のボールとポケットがあれば、
別のボールがポケットにインすることになります。

 

 

コンビネーションショット

 

コンビネーションショットは、的球を別の球に当てて
ポケットに入れるというテクニックです。

 

ポケット前に狙う的球以外のボールが
あるときなどによく使うショット。

 

的球の軌道を利用しており、的球に当てたときに、
次の的球がどのような軌道で動くかを計算しておかなくてはなりません。

 

初心者でも、ポケットに入れたい球(イメージボールA)と的球(イメージボールB)が
近いと割と成功しますし、遠いと成功しにくくなります。