ビリヤード ルール

基本の共通ルール

共通ルール

「ビリヤードって何だか難しそう」「ちょっと特別な感じ」と思っている方も多いでしょう。
でも、ビリヤードのルールは、思っているよりも簡単なんです。

 

基本的なルールについて、ちょっと見ていきましょう。

 

まず、誰でも知っているルールとして、手球と呼ばれている白球を撞いて、
数字が書かれている的球をルールに従ってテーブルのポケットに落としていくということです。

 

この際、手球以外の球を直接撞くことはありません。
これが、まずビリヤードの基本のルールです。

 

その他に、ファールといって、これをしたらいけないということが幾つかあります。
そのうち幾つかを上げてみましょう。

 

  • 手球を撞くときは、足が床についていない状態でショットしてはしけない。
  • テーブルに腰掛けている場合でも、どちらかの足は地面に付いていなければならない。

  • キューの先以外の部分が球に触れてはいけない。
  • 手球をポケットに落としてはいけない。
  • 手球がテーブルから落ちてはいけない。
  • 手球をうまく撞けずに、球が跳ねてしまったらいけない。
  • 手球を二度以上撞いてはいけない。
  • 手球を撞いたが、どの的球にも当たらなかった場合。

 

ビリヤードには種目ごとにルールがありますが、上記に上げたファールは
全ての種目に共通していますから、初心者はまずこのルールを覚えてください。