ビリヤード上達

8ボール

8ボールとは

ビリヤードというと、最もポピュラーなのはナインボールですが、
エイトボールという競技も人気があります。

 

エイトボールは、1番から15番までのボールをすべて使い、
ボールを2組に分けて対戦します。

 

片方の組は1番から7番までのボール(ローボール)を狙い、
もう片方の組は9番から15番までのボール(ハイボール)を狙います。

 

番号は気にせず、狙いやすいボールを選ぶことができます。
自分の組のボールをすべて落として初めて、8番ボールを狙えます。

 

注意しなければならないのは、どのポケットに落とすかということを事前にコールし、

そのコールしたポケットに8番ボールを落とさなければ勝利できないということ。

 

他のルールとしては、どの球にも当たらなかった場合はファールになる、
ファールがない限りはプレーを続行できるなどがあり、
これらは他のビリヤードゲームと同じですが、エイトボール独自のルールもあります。

 

例えば「手詰まり」というルールは、連続3回のショット後、手詰まりという判断がされれば、
すべてのボールを再ラックするというものです。

 

ただし、このルールが適用されるのは、ローボールとハイボール、
それに8番ボールがポケット前に残った状態の時だけです。

 

ちなみに、エイトボールでは、自分の組のボールをすべて落とす前に
8番ボールをポケットしてしまうと、ファールではなく、負けになっていまします。

 

手球が落ちてしまうとか、コールしたポケット以外に8番ボールが落ちてしまった場合も同じです。
この点は、ナインボールとは大きく異なります。