チョーク 塗り方

チョークの正しい塗り方とは

チョークの塗り方

チョークの塗り方ですが、真ん中のくぼんだところを中心にして
円を描くように均一に塗る方法が簡単でやりやすいです。

 

簡単に言うと「回しながら塗る」

 

擦り付けるように塗るプレイヤーもいますが、
どちらでもOK。

 

擦り付けるという塗り方は、慣れるまではぎこちないかもしれませんが、
塗りやすいか均一に塗れる方法を選べばいいでしょう。

 

プロや上級者になってくるとチョークを塗る動作が
ルーティーンの1動作なのですごく様になってますよね。

 

好きな選手の塗り方を真似するのもいいですね。

 

 チョークを塗る理由

 

タップにチョークを塗るのは、撞いた瞬間に球とタップが
滑ってしまうことを防ぐためです。

 

キュー先のタップにチョークをつけることで、
滑り止めの役割をはたしています。

 

チョークをタップに塗らないと、手球にひねりや引きなどの
回転を与えることがほとんど不可能にあります。

 

また、ミスキューの原因にもなります。