ビリヤード上達

ビリヤードがなかなか上達できずに伸び悩んでいる方へ

伸び悩んでいる方へ

ビリヤードが上達しないって本当に辛いですよね。

 

一人で基礎練習もコツコツやっているし、
相手と対戦形式の練習もやっている。

 

なのに、なかなかビリヤードが上手くならない…
そんなジレンマで悩んでいませんか?

 

 

「こんなに練習しているのに・・・」

 

 

真面目に練習に打ち込めば上達するものだと思っていたけれど、
時間と腕前って比例しないものです。

 

今まで同じくらいのレベルだった練習相手に
いつの間にか追い抜かれてしまったら本当に悔しいものです。

 

「自分には向いてないんじゃないか?」なんて、
嫌になるときもありますよね。

 

 

一方でなぜか「今日は調子が良いな」ってことありませんか?

 

 

苦手な配置の球をなんなく入れたり、いつも以上に
引き玉が上手くできてポジションも簡単にとれる!

 

そういう時期って自分の中で何かしらの感覚を掴んだ場合が多いです。
私自身も何度も似たような経験があります。

 

 

ただ感覚で打っているので、きちんと体がその時の感覚を覚えておかないと
次の日になったらまったく入らない。

 

 

つまりビリヤードの上達には何かの感覚をつかむことが
上達に必要不可欠であることは疑いようがない事実。

 

 

その何かをつかめさえできれば・・・。

 

 

そう思って毎日毎日練習に打ち込むんですが
その時期の感覚を取り戻せないからこそ困るわけですよね。

 

 

 

その感覚を掴むために大事なことが「フォームとストローク」

 

 

 

ビリヤードで一番大事なのは、毎回同じようにショットをすること。

 

安定したショットをするには、
そのために土台(フォーム)と打ち方(ストローク)が重要なんです。

 

まずはここをしっかり固めないといけません。

 

 

毎回同じようにショットすることができないから、
良い感覚も忘れてしまうわけです。

 

 

ハウストーナメントや試合に出場したら
まったく実力が出せなかったことありませんか?

 

それはフォームとストロークがしっかりできていないから
練習の時のようにショットを打てないからです。

 

※無意識にこじったり、キューが出てない状況です。

 

 

練習であっても緊張する試合の場合でも、同じように
打てる「フォームとストローク」をまずは身につけましょう。

 

特にビリヤードは自己流で覚えていく人が多いので
ある程度上達したら伸び悩む人が多いのは、
この基礎部分ができていないからです。

 

 

フォームとストロークができて、その上で
効率的に上達できる練習方法を取り入れれば
驚くほどビリヤードの実力が上がります。

 

 

自分ができてない原因はここだったのか・・・
こんなこと今まで気にしていなかった・・・など多くの気づきがあるはずです。
その中から何らかの感覚を掴むことができるでしょう。

 

 

実はそういったものがあります。

 

 

多少お金がかかりますが、ビリヤード場に行けば一回で2000円くらいはかかりますよね。
今まで何度も練習に通っても上達できなかったわけです。

 

 

 

それなら数回分のビリヤードを我慢してノウハウに投資したほうが良いと思いません?
あなたのライバルたちはこのノウハウの事を知らないでしょう。

 

あなただけがこのノウハウを取り入れて練習すれば、
圧倒的な実力差がつく可能性があります。

 

 

ビリヤードの基礎や練習方法、そして使えるテクニックを網羅した資料を
作成したのはビリヤードの元プロなのですが、
やっぱりプロが考えていることはとんでもないですね。

 

アマチュアの考えとは次元が違います。

 

 

とにかく一度見てみるといいですよ。
いろんな気づきがありますので。

 

 

上達している人って正しいところに投資していることが分かってから
私も一気に伸びました。

 

ビリヤードのテクを網羅した資料をみる