フォローショット 練習法

フォローショットの練習法

押し球の練習方法

フォローショット(押し球)の練習法をはじめるなら
近くて真っ直ぐな球から練習しましょう。

 

そのとき的球を追いかけて手球がポケットに入ればOKとします。

 

 

フォローショットの練習法

 

 

押し球は強く撞かなくても押しはかかりますので、
力みすぎないように注意です。

 

初心者の方は、手玉が的玉に当たってから「クッ」と前に走り出す
「押す」という感覚を覚えましょう。

 

感覚がつかめてきたら、手球を短クッションに入れて手前の短クッションまで
フォローショットできるように練習してみましょう。

 

 

フォローショットの練習法

 

 

これがマスターできたら十分です。

 

 押せないときのヒント

 

どうしてもフォローショット(押し球)ができないと言う場合は、
もしかしたら手球の上側をヒットできていない可能性があります。

 

ストロークしているときは上側を狙っているのに、いざ撞くときには
手球の真ん中を撞いてしまう人がいます。

 

そんなときは、ストロークするときに手球ギリギリまでキュー先を近づけて
しっかり撞点を確認してみましょう。

 

それとキュー先のタップに手球を乗せて押すという感覚も
身につけてください。

 

フォローショットは水平なキュー出しが必要なショットです。

 

水平なキュー出しは押し球だけでなく、すべてのショットの基本になりますので、
習得を目指しましょう。

 

弾く撞き方の練習

 

センターショットで手球を「パチンッ」と弾く打ち方を覚えましょう。
撞点を半タップ上、1〜2個上と変えていく練習方法です。

 

的球に当たってから、手球をボール1個分、2個分と前にコントロールします。
この撞き方をマスターすれば、短い間隔の押しのコントロールが身につきます。

 

「チョン」と撞いて「トロトロ」と前に出すショットは
ポケットに入れる精度が落ちます。

 

そうではなく、しっかり撞いて任意の場所にコントロールする
この打ち方をマスターしてください。