ビリヤード ストローク

正しいストロークを身につけよう

ストロークで大事なことは水平にキューを振ること

ビリヤードで一番大事なことは「真っ直ぐ撞くこと」
その点においてもストロークは重要になります。

 

ストロークする際は、キューを持った手の肘の角度が90度になるように曲げて、
そのひじを固定し支点として、振り子のようにしてキューを振ります。

 

このとき脇が開いてしまうと真っ直ぐ撞けないですので、脇は締めるようにしましょう。
イメージとしては、肘を上からひもで吊られて「プランプラン」した状態です。

 

 

ストロークで大事なことは「できるだけ水平にキューを振ること」

 

 

 「構えて、キューを引いて(テイクバック)、手玉を撞く(インパクト)」という

 一連の動作においてキューが上下に波打たないように心がけてください。

 

 

正しいストロークを身につけるための練習方法

 

手球をフットスポットに置き、手玉の中心を撞いて
短クッションに当ててみましょう。

 

真っ直ぐクッションに当てることができたら、次は
1往復できるかどうかをチェック。

 

手前のクッションに真っ直ぐ戻ってくるかを確認するのもいいですし、
撞き終わったときの上体を起こさずキューをそのままの状態において、
返ってきた手球がキュー先に真っ直ぐに当たるかをチェックするのもオススメの練習法です。

 

  • ブリッジを安定させる
  • 肘から下の動きだけでキューを真っ直ぐ水平に振る
  • 手玉の中心を撞く

 

この3つが正しできていないと、手玉に意図しない回転が伝わってしまい
思ってもいない動きをすることになるのです。

 

1往復ができるようになったら次は、
2往復できるように練習してみましょう。

 

1回2回成功したからといって「できた」と思うのではなく、
特にはじめの内はしつこく繰り返して「真っ直ぐ撞くストローク」
身体に覚えさせましょう。