ビリヤード 押し球

フォローショット(押し球)

ビリヤードのフォローショット

ビリヤードのフォローショットは、「押し球」とも言います。

次の的球を狙いやすい位置に手球を進めるために頻繁に使われるショット。

 

フォローショットは、手球の上半分を狙います。

 

手球の上部を突くことによってトップスピンがかかり、
的球に当たっても手球が前進するのですが、
あまり上部を突いてしまうとミスショットになってしまうので注意。

 

なので、まずは、タップ1個分上、2個分上と徐々に撞点を上げていき、
限界を体験してみましょう。

 

また、中心を突き過ぎてもフォローショットにはならず、
ここが初心者には難しいと言われるゆえんなんですが、
撞点を中心に近くするほど「重たい(球質)押し球」になります。

 

 フォローショット(押し球)のコツ

 

フォローショットのコツは「スコーン!」と振り抜くこと。
水平に撞き抜くイメージでキューを出してください。

 

逆に「パシンッ!」と叩くように撞いてしまうと上手に押しがかかりません。

 

 

また、的球に当たった後、手球がそのまま一緒にポケットにインしてしまうことも
初心者にはよくありますので、この点は注意しなければなりません。

 

フォローショット(押し球)を上達させるためのヒント

 

ブリッジはスタンダードブリッジが基本。

 

スタンダードブリッジの中指・薬指・小指を手前に
引きつけるようにして手の甲を高くしましょう。

 

撞点を1cm上げるならば、ブリッジの高さも1cm上げます。

 

@テイクバック
大振りをしないように控えめに。

 

Aインパクト
手玉の1個先にもう一つ手玉をイメージして、それを撞く感じで。

 

Bフォロースルー
ブリッジまでキューのジョイント部分まで送り出すイメージで長いキュー出しを意識する。

 

無数にある押し玉の撞点ですが、2〜3種類でも自信が持てる撞点が完成すれば
ものすごく上達しますよ。

 

ショットの強弱やフィーリングには個人差があります。
なので、自分にしっくりくる撞点をいろいろ探してみましょう。