ビリヤード 9ボール

9ボール

9ボールとは

ビリヤードというと、ナインボールがやはり一番有名ですね。

 

実はナインボールにも2種類あって、ポール・ニューマン、トム・クルーズ主演の「ハスラー2」で
余りにも有名になったのがUSナインです。

 

映画の影響のためか、ナインボールというとUSナインを思い浮かべる方が多いようですね。

 

USナインは、ボールの並べ方からファールに至るまで、ルールはいろいろですが、
つまり9番ボールをポケットした人が勝ちというゲームです。

 

バンキングで先行を決めはじめます。
アメリカンナイン、ジャストナインとも呼ばれています。

 

基本の共通ルール以外では

 

  • 手球が狙う的球に触れる前に、他の的球に触れてしまったとき
  • 手球が的球に触れた後、どのボールもクッションに入らなかった(触れなかった)とき
  •  (ノークッション)

 

が、ファウルになります。

 

 

ジャパンナインとは

 

もう一つのナインボールはジャパンナインです。
2人以上でも楽しめるのが特徴

 

これは日本独自のゲームで、3番、5番、7番、9番のボールを
ポケットすると得点になり、偶数ボールは無得点。

 

また、どこにポケットするかで点数も変わってくるというものです。
コーナーよりもサイドにポケットした方が2倍の得点を稼げます。

 

また、ナインボールという名前のとおり、「9」という数字は特別で、
点数が他のボールの2倍になります。

 

それ以外にも、地域によって異なるルールがジャパンナインにはあるようですので、
ゲーム開始前にルールを確認しておくといいでしょう。

 

また、初心者でも楽しめるように、偶数ボールにも得点をつけるなど、
オリジナルなルールを作ってみてもいいかもしれません。