ビリヤード ボーラード

ボーラード

ボーラードとは

ボーラードとは、10個の球を使ってプレイする
ボウリングのビリヤード版になります。

 

通常ボーラードは、1人でプレイします。

 

ボーラードは、プロテストにも採用されています。

 

自分のビリヤードスキルがそのままスコアになるという意味では
現時点の自分の実力を測れる競技と言っていいでしょう。

 

プロテストの合格点は、3ゲームで630点以上。

 

 

基本的なボーラードのルール

 

ボーラードはボウリングと同じように、1ゲームで10フレーム、1フレームで2イニング行う。
ボウリングと同様に、1フレームで10個の的球をポケットすることを目指す。

 

的球をポケットした数をしてカウントして得点とする。

 

カウントの方法は、ボウリングと同様で、ポケットした的球の数をボウリングで
倒したピンの数と考えてカウントしていく。

 

1イニング目で的球をポケットできなかった場合、1イニング目が終了となって、
そのままの状態で2イニング目をはじめる。

 

1フレームで2回ミス(2イニング)すると、そのフレームは終了。
フレームが終了すると、再度ラックしなおし、 次のフレームをはじめる。

 

テーブル上のどの的球からポケット(狙って)も良い。
ただし、的球は全てコールショットでポケットする。
(ブレイクショットは除く)

 

ブレイクショットで的球がポケットされなかった場合、ブレイク後の状態から
1イニング目を開始する。

 

ブレイクショットで的球がポケットされた場合、1イニング目が
スタートされたとしてそのままプレイを続行。

 

ブレイクショットで手玉がスクラッチや場外するなどファウルとなった場合、
1イニング目が終了したとしてカウント。
(ガーターとして1イニング目の得点は0点)

 

手玉がスクラッチしたり、場外(テーブルから飛び出す)した場合は、
2イニング目を次のように行います。

 

ヘッドラインの内側の好きな位置に手玉を置いて、2イニング目をはじめる。
このとき、ヘッドラインの内側にある的球は狙うことはできません。

 

なお、的球がヘッドラインの内側にのみある場合は、ヘッドラインに一番近い
的球のをフットスポットへと移動させ、ヘッドラインの内側からフットスポットに移動させた
的球をコールしなければいけません。

 

 

得点のつけ方

 

得点のつけ方はボウリングと一緒です。

 

1イニング目で全てのボールを取りきった場合はストライクとなって、
次のフレームに加算します。

 

2イニング目で全てのボールを取りきった場合はスペアとなって、
次の1イニング目の得点を加算します。