ビリヤード ブレイク

ブレイクショットのコツ

ブレイクの打ち方

ビリヤードのブレイクショットは、一見、簡単なように見えるのですが、
実は案外難しいものです。

 

実際にやってみて、「こんなはずでは」と思われるかもしれません。
初心者は、特にブレイクを苦手とする人が多いようです。

 

上級者は軽快な音を立てて球が飛び散りますが、どうしてもスピードが出せない、
思うように散らせないと悩む人が多いようです。

 

その悩みの原因として考えられるのが、
「何としても強く打たなければ」という力み過ぎから。

 

上級者は、確かにスピードのある球を打って球を散らしますが、
これも単に強く打てば良いわけではなく、一番のポイントは、
いかにして球の中心に当てるか
ということなのです。

 

初心者の場合は、ただただ力が入ってしまって、
球の中心から外れた位置を撞いてしまうのです。

 

また、ブレイクショットでは1番の球を狙うとよく言われますが、
これは経験を積んだ人で、ビリヤード初心者はラックの中央を狙った方が失敗を減らせます。

 

 ブレイクの打ち方とコツ

 

ブレイク初心者には「下から下」がおすすめ!
これは「手玉の中心下を狙って、@ボールの下側に向かってキューを出すように」というもの。

 

フォームのイメージは、小さくコンパクト。

 

通常のフォームより少し腰を高くすると、キュー出しがスムーズになり
力も入れやすいでしょう。

 

タイミングの取り方&練習

 

プロや上級者のブレイクは全身を使って力を増幅させています。

 

でも、ブレイク初心者がいきなり全身を使った
ブレイクをするのは難しいです。

 

まずは腕だけで大きく引いて大きく出す!で打ってみてください。
大事なのは構えたとき、キュー先を手球に合わせて止めること。

 

多くの人が”シャカシャカ”って素振りして、そのまま打とうとするものですが
それではかえってタイミングが取りにくい思います。

 

キュー先を「スッ」とキュー先で止めて、いっぱい引いて、
そこからから出すというリズムを作ることを意識しましょう!