ビリヤード 引き球

ドローショット(引き球)

ビリヤードのドローショット

フォローショット(押し球)に対して、

「引き球」と呼ばれるドローショットがあります。

 

ドローショットは、バックスピンをかけて手球を的球に当て、手球を後退させるテクニックです。
こちらはフォローショットとは逆で、手球の下半分を狙って打ちます。

 

そうすると、バックスピンがかかるのです。

 

 逆回転が必要

 

下を撞く=引き球ではありません。

 

的球に当たるまで逆(引き)の回転が残っていないと手球はそこでストップしたり前に出たりします。
なので、遠い球ほど難しいショットになります。

 

ドローショットも、フォローショットと同じように、次の球を
狙いやすい場所に手球を運ぶのが目的です。

 

フォローショットとは異なり、手球が的球と一緒にポケットに落ちてしまう
ということが少ないので、初心者は安心して打てるかもしれません。

 

しかし、フォローショットと同様に、やはり初心者がミスしやすいのも確かで、
何度も練習してマスターする必要があります。

 

正確に手球を撞くためには、撞く高さを調整したり、
撞くときの力加減に気を配るなどの注意が必要でしょう。

 

 ドローショット(引き球)のコツ

 

より強い回転を与えるためには、長いキュー出しが必要です。

 

引けない人には、キューを”チョン”と短く出す人が多いので、
”スーッ”とキュー出しを長くする練習が必要です。

 

ドローショット(引き球)を上達させるためのヒント

 

ストロークのイメージは、
「リラックスして力まずにしっかりと引き球の撞点を撞き抜くこと」

 

”引いてやろう”と力んでしまうと、真っ直ぐなキュー出しが
できなくなる場合が多いです。

 

どうしても引き球ができないという場合は、確実に
手玉の下側を撞くように練習しましょう。

 

そんなときには、他の人に手球の上半分を本や指で当ててもらい、
下を撞く練習も効果的。

 

また、手球の反対側を撞くようなイメージでショットしてみてください。
それとインパクト時の加速のイメージが大切。

 

最初は近くて真っ直ぐな的球で練習を重ねていき、
徐々に的球を遠くしていきましょう。

 

上級者のドローショット(引き球)の打ち方を見て
イメージを固めるのもオススメ。