ビリヤード ネクスト

ネクストを意識した練習法

ネクスト(次の的玉)を意識する

ネクストボール(狙う的球の次の球)を意識できる練習で
さらなるビリヤード上達を目指しましょう。

 

初心者は、シュート力を上げる練習法でも紹介した
2〜3個のボールを使って数字順に取り切る練習をしましょう。

 

例えばF〜Hまでのボールを使って最後にHを入れるのです。
ナインボールの簡単版ですね。

 

まずは2個からはじめて、”バラッ”とボールを散らばします。

 

2個を5回連続取り切れるようになったら的球を3つに増やし、
それで5回連続取り切れるようになったら次は4個に挑戦・・・というように、
最終的に9個、10個取り切れるように練習を続けましょう。

 

2個は比較的簡単ですが、3個以上になると、
次のその次の的球まで考えながら手球をコントロールすることが
必要になってきます。

 

シュート力と手玉のコントロール力が鍛えられます。

 

 

ナインエイトボール

 

ビリヤードと言えば9ボールが有名ですが、
初心者には向かないゲームだと思います。

 

なぜかというと、9個の的球を取り切るスキルが必要だからです。
はっきり言って初心者には難しすぎます。

 

エイトボールも少し敷居が高いと思います。
そこでナインエイトボールをオススメします。

 

ナインエイトボールとは、9個の的球を使って
エイトボールのように楽しむゲームです。

 

2人で行うゲームになります。

 

最後にGボールを入れるのですが、
G番ボールと@〜CとK〜Nのボールを使います。

 

ネクストを意識した練習法

 

ラックはナインボールと一緒ですが真ん中がGです。
カラーボール(@〜C)とシマボール(K〜N)とに分かれます。

 

ブレイクした時点ではポケットしても
オープン状態(どちらのグループを狙ってもOK)ですが、
ブレイクでポケット出来なかった場合は相手の順番になります。

 

例えば、はじめにポケットしたボールがA番ボールなら
カラーボール(@〜C)グループをすべて落としから
最後にGボールを入れれば勝ちです。

 

反対に、はじめにポケットしたボールがL番ボールだとすれば
シマボール(K〜N)グループをすべて落としから
最後にGボールを落とします。

 

途中でGボールを落としてしまった場合は負けになりますが、
フットに戻すなどの独自ルールでも良いと思います。

 

ビギナーや初心者向けのゲームですが、
ハマるとなかなか楽しいですよ。

 

A級のような上級者には物足りないですが^^

 

初心者どうしがナインボールをすると、Hボールが簡単にポケットできる配置で
回ってきたら勝つというパターンが多いと思います。

 

どうしても運に左右される要素が高いですよね。

 

ナインエイトボールなら運に左右される要素が少ないと思いますので、
一度トライしてみてください。

 

ナインボールやジャパンナインも楽しいですが、
上達してからでも遅くはないと思います。