ビリヤード ジャンプ

ジャンプショットの打ち方

ジャンプショットは思い切ってキューを振り落とす

ビリヤードのショットの一つに、ジャンプショットがあります。

 

ジャンプショットとは、手球を高くジャンプさせることによって、
手球と的球の間にある邪魔な球を飛び越えさせ、
的球に当てるという高度なテクニックのショットです。

 

華麗なショットで、初心者には憧れのテクニックでしょう。

 

しかし、上級者になればなるほど、ジャンプショットをなるべく使わず、
的球を十分狙える位置へと手球をコントロールします。

 

ジャンプショットで、的球をポケットすることが非常に難しいからです。

 

確かに、ジャンプショットでなければだめという場面もありますが、
セーフティーのようにわざと的球の間に邪魔な球を挟まれた場合などに
よく使うショットですね。

 

ジャンプ専用の短いキューが販売されていますが、
ビリヤード初心者の内は必要ないでしょう。

 

上達に応じて購入を検討してみてください。
ちなみに、プレーキューでジャンプをするのはすごく難しいです。

 

 

ジャンプショットの打ち方

 

ジャンプショットは、ブリッジを高めに設定し、上からキューを突き下ろすように打ちます。
ジャンプさせるには、速いスピードで打たなければならないからです。

 

はじめは躊躇してしまい、なかなか力を入れられないかもしれませんが、
思い切って振り落としてみましょう。

 

テーブルのラシャにキュー先が当たる感じで良いと思います。

 

「ラシャが破れるから」と思うかもしれませんが、
真っ直ぐラシャを突いてもそうそう簡単に破れるものではありません。

 

ただ、お店によっては初心者のジャンプショット禁止ということもあるでしょうから
そんな場合はお店の方に許可をとって練習しましょう。

 

もしかしたら、お店のスタッフがやさしく指導してくれるかもしれませんよ。